橋下情報室

大阪維新の会&おおさか維新の会のNewswatch

カテゴリ: 府市統合・原子力関連

大阪都構想で、現在の大阪市域を再編してつくる新たな基礎自治体「特別自治区」の在り方などについて検討する市のプロジェクト会議が9日開かれ、特別自治区の区割り案作成の中心となる公募区長が初めて出席。11月末までに市内24区をブロック化する複数の試案を作成する方向性が事務局から提示された。  区割り案をめぐり、橋下徹市長は当初の予定を前倒しし、年内にたたき台を複数提示する方針を表明。MSN

橋下徹Newsウォッチ関電が7月6日に発表した「今週の需給実績と来週以降の需給見通しについて」を見ると、赤穂2号機、相生1~3号機、姫路第二4号機、海難1.4号機。御坊1号機、の合計8機が稼働停止となっている。大飯原発は電力不足だけの再稼働ではなく、これ等火力発電所の燃料費を削減するための再稼働であることもはっきりした。

これが今週だけの停止なのかどうか、あくまでも調整のための停止なのかどうか、究極の国民騙しではないのかどうか、火力発電所稼働の状況を今後も注意深く見続ける必要がある。故障だと称してピーク時に火力を止め、「計画停電」だと脅しをかけ続けるようなら、関電は終わる。

電力の確かな供給数字を大阪府市エネルギー会議に明らかにしなかった関電、この火力発電と揚水発電の数字がどのように変わるのかも注目したい。嘘を覆い隠すために供給量を調整して「大停電」なんて命にかかわる大失態が起こらない事を祈っている。それにしても、火力を止めて燃料費を稼いでおいて「節電要請中」とは使用者をなめきってる。 

Baidu IME_2012-7-9_7-9-42





ひどいな~! 「大飯がフル稼働したら火力8基停止」 計画停電の話はなんや!そんなアホな話がまかり通るのか! 週明けは抗議の電話を! 関西電力本店 tel:(06)6441-8821 pic.twitter.com/F9mkc9DW   ・きっこのブログ 「節電要請」という茶番と「計画停電」という脅し

節電初日、関電の火力1機が停止
大量クラゲで発電能力4割低下 関電の火力4基
姫路第2火力5号機の運転停止=磁界発生装置に故障

国会の原発事故調査委員会・野村修也委員に話を聞きました。(12/07/06)
国会の原発事故調査委員会・野村修也委員に話を聞きました。

安倍氏“首相返り咲き”シミュレーションの現実味
維新の会:「消費増税は地方の判断で」橋下・大阪市長
維新、消費増税反対を明確に 次期衆院選争点化狙う
9条問う国民投票明記 「維新八策」修正案を公表

東京電力福島第1原発事故の原因などを調査してきた国会の事故調査委員会(国会事故調、黒川清委員長)は5日午前、国会内で委員会を開き、報告書を決定した。同日午後に衆参両院議長に提出し、黒川委員長らが同日夜、記者会見を開き、報告書の内容などを説明する。全文はホームページに掲載する。毎日新聞

・7/5(木)、第20回委員会及び記者会見(報告書の提出)について動画中継を行います。映像(中継・記録) 19:00~ (2時間程度を予定)  ・ホームページ


関西電力によりますと、兵庫県姫路市にある関西電力姫路第二発電所4号機でボイラーの配管から蒸気が漏れているのが見つかり、現在、運転を停止しているということです。関西電力で原因を調べるとともに復旧を急いでいます。NHK

橋下徹Newsウォッチ(記事を読んで)・・・大飯再稼働から臨界へ。このタイミングで火力発電所の運転停止報道。「電力不足に対する不安をあおる筋書き通りの停止じゃないのか?」と、疑いの目で読んでるから不思議。これも関電の今までの対応がそうさせる。これからもタイミング良くこのような「脅しニュース」が流れるのかも知れないと考えるのは私だけか?

関西電力が追いつめられている。八木誠社長以下経営陣が切望した大飯原子力発電所(福井県)3号機、4号機の再稼働が野田佳彦首相はじめ関係閣僚会合で正式に決定したのが6月16日土曜日。昨年3月の東京電力福島第1原発の事故以後、国内にある原発50基(事故を起こした福島1-4号機を除く)は定期検査を機に次々と運転を休止し、北海道電力泊原発3号機が5月5日に発電を停止して以来1カ月以上も「原発ゼロ」の状況が続いていた。ガジェット通信

教員の政治活動処分 違反者は「市教委が矯正」 条例案に盛り込む
裁判でやる 育英会7・7億円請求めぐり橋下市長 大阪府市、法廷闘
再稼働反対叫ぶ20万人の洪水 機動隊車両が官邸突入防ぐ
橋下氏、第3極結集に意欲「考え違ってもやる」

政府が大飯原発の再稼働を正式決定したことを受けて、関西電力は16日、3号機の再稼働に向けた作業に着手した。ただ、3、4号機がそろってフル稼働に入り、出力が最大になるには6週間かかる見通し。長期間の停止状態から再稼働するには入念な点検作業が必要で、準備期間が通常の倍以上かかるためという。MSN

このページのトップヘ